通園リュックでスタート

f0117397_94799.jpg

生地:綿100パーセント 11号帆布・ブラックウォッチ柄プリント
型紙:自作 (一部、una*saraパターン拝借)

娘の通園用リュックです。
や~~~~っと、完成したものです。
何せ、去年4月の新学期早々にファスナーの壊れた園指定のリュックの代わりに・・・と、作りかけて放置されてましたから^^;

園指定のものは、息子からのお下がりでした。
結構なお値段のもので、勿論しっかりした品ですが・・・息子が使っている時にファスナーが壊れ修理してもらっていたので、去年も修理を依頼したところ
「ファスナー交換が出来るのは1回まで。これは出来ません」と帰ってきてしまいましたT T
園指定、と言っても強制じゃないので、2年目くらいから市販のリュックサックの園児も増えてくるのですが・・・初めて理由が分かった気がする。。


で、しばらくの間と思って使わせていたのが3年前作ったきのこ柄のリュックです。
una*saraさんの一番小さいサイズのもので、当然通園用としてはギリギリの小ささ。
中ポケットもつけたいし、リュックの肩紐ももうちょっと違う感じにしたいなあ・・・など等。

生地は手芸店で見つけて、芯も「クラフト用」として売られていたガチガチの接着芯を選んで必要分に芯を張ってありました。
でも、どーしてもいいパターンが思いつかなくて放置すること8ヶ月・・・

「何から縫い始めるか」と見渡してやっぱり、これ縫ってスッキリしようと^^;
先週、パターンを引くところから始まってパーツごとに芯を張ったりアイロンで折グセ付けたり。
やっぱり小物は工程が多いな~と思いつつ、なんとか完成までこぎつけました。

f0117397_10153235.jpg

今日はこれで登園しているので、昨夜のうちにしか写真が撮れず・・・暗いです。。






カタチはほぼきのこリュックと同じに見えるけれど、かなり違うものになっています。

サイズは縦横+2~3センチ、マチ+1.5センチ
内側にポケット一つあり
外ポケットは 箱ポケットからタックをとった立体ポケットに変更。
ファスナーは30センチ→40センチの両開きファスナーに
肩ひも(肩ベルト?)3センチ幅の共布とリュックカンとコキカンでしたが、今回は幅4.5センチ幅で33センチの帆布の間にキルト芯を挟んで、壊れたリュックに使われていたベルト部分と縫いつないで使用しています。
肩ひもは口布と本体布の間に挟む付け方だったのを、新たに加えた持ち手と共に本体に直接縫いつけ、上からテープで抑えました。
ファスナーは真ん中ではなく、ポケット側の口布を細くとってあります。

何度か、作るのは止めて既製品を買おうか迷ったのです。
その度に既製品を手にとって
「なるほど、ここはこんな風に付けてるわけね」と確認して棚に戻す・・・
こんな事を繰り返すうちに、イメージはしっかり出来上がっていたみたいです。

マチのとり方も、una*saraさんはサイドと底とが繋がって本体にぐるっと縫い付けていますが、私は本体と底が繋がったカタチにしました。
手順もかなり違うものに。。。
本当はどんでん返しにしたかったけど、リュックは難しいかな?
最後は縫い代をバイアステープでくるむ方法になってしまいました。


今回使ったハードな芯。仮接着といわれるのだと思うけど、すぐはがれて^^;完成してしまえばはがれたっていいものだろうと思うんだけど。。。
この芯でも使っているうちにクタっとなってしまうのかな~どう変化していくか、見ておこうと思います。


娘も喜んでくれて、作り甲斐もありました。達成感でいっぱいです。
でも・・・もうしばらくこのカタチは作りたくないかも~^^;


布帛 表・裏布で合計1m使用
[PR]
トラックバックURL : http://sonononchu.exblog.jp/tb/15313275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sononon310 | 2011-01-11 10:14 | ハンドメイド・雑貨 | Trackback | Comments(0)

家族と、ハンドメイドの記録


by sononon310
プロフィールを見る
画像一覧